月別アーカイブ: 2016年6月

借金はバレずに出来るもの?

借金って聞くだけで後ろめたさを感じるもので、誰にも打ち明けたくない恥じるべき行為と感じてしまうものですよね。
「車を買う為にマイホームを買う為に農協でローンを組んだ」と言えば、別に違和感もなく、普通の事のように感じるものですが「必要な現金が足りなかったから消費者金融で借りた」と聞いただけで「ああコイツダメな奴だ」といったようなレッテルを貼られるような気がしてなりませんよね?
双方共に”借金”には違い無いものですが……ローンと消費者金融で借りるでは全く違って聞こえてしまうものです。

2016.06.更新4.24
恥ずかしいからこそ隠したい! と、誰もが思う借金ですが……これって他人に隠し通す事は可能か否や? この点ってかなり気になるものですよね。

この答えを早速言ってしまいますが、隠し通す事は出来ます。
現実的に、この記事を執筆する私の超身近な存在の夫も消費者金融に黙って借金をしていた事があったのですが、全くもって気が付きませんでした。しかも全額返済を終えてから告白されたのですが……言われるまで全く気が付きませんでした。
この件の事を様々と聞いてみたのですが、今のキャッシングというと郵送でDMや利用明細などの書類を送ってこないという選択が出来る場所がとても多いそうです。
また、利用明細などはメール配信に設定しているからこそ他人が見る事が出来ません。
それに、支払いをきちんと出来るか見極める為の審査項目である在籍確認で仕事場に電話がかかってくるそうですが、これも「○○ファイナンス」などキャッシング会社名を名乗る事さえも無い事から、他人がその電話を取ってもほぼ気付かれる事も無いものだそうです。

正直に、凄いな……と、感嘆してしまうものですよね。
本当にその一言しか出ませんが、その上最近のキャッシングではスピーディーさを売りにしている場所が多く、審査して即日融資OKという場所が非常に多いものです。
必要な現金が足りない時の超非常事態にナイショで借りたいなんて時にこそ大役立ちな存在ではないでしょうか?! 正直、私自身キャッシングやカードローンと聞くと「怖い!」なんて印象を持っていたものですが、考え方次第ではとても便利ではないのか? と、感じる事が出来ますね。

専業主婦でも融資OKのカードローン。何故借りれる?

自分自身も半専業主婦の身なので、必要な時に限って現金が足りない! なんて時、ついつい金融系のまとめサイトなんかをチェックしたりしてしまうものですが(実際に借りる勇気もないので、どうにか工夫してやり過ごしていますが)やっぱりいざという時の為、少しだけ金融に対する知識はつけておくべきだななんて感じて、こういたページを閲覧する事って結構多いものです。

しかし、その中でも気になる言葉と言えば……専業主婦でも借入OKという言葉。
専業主婦と言えば、事実上無収入ですからね。なのに、どうしてカードローンでお金を借りる事が出来るのだろう? なんて、疑問を持ってしまったのです。
どうやって返済していくかは……恐らく旦那の月々の給与から貰う生活費などから誤魔化して返済でもしていくのかな? なんて、考える事が出来ますが、本当に何で借りる事が出来るのだろう? なんて思ってしまいますね。

この簡単な答えですが、やはり旦那さんのステータスを見た上で審査を行うので専業主婦でも借入する事が出来るそうなのです。また賃金会社とは言え、銀行提携のカードローンの場合は年収3分の1までしか借入する事が出来ない総量規制の法律が適合されていないので、これが可能です。
ですが、やはり旦那さんのステータスによって借入する事が出来る金額は左右するもので例え上限が30万と言われていたとしても、10万或いはそれ以下の上限額に設定される事もありうるものです。

2016.06.更新3.24

しかし、こういうのって内緒で借りる事って本当に難しいのではないのか? なんて、感じてしまうものですよね。それに借金自体もかなり後ろめたい気持ちになるものには違いありません。いくら必要な現金の為とは言え、主人と相談はしっかりとすべきではないのか? と、個人の主観では感じてしまう部分があります。
確かに、内緒で借りる事が出来れば良いものかも知れませんが……追々それでトラブルになって夫婦生活が破綻! なんて目も当てれませんからね。
やはりお金の事って夫婦で話し会いをする事が大事ではないのか? なんて感じてしまいます。