闇金に手を出しちゃいけない

ウシジマくんという漫画をご存じの方も多いと思います。ドラマや映画にもなっていて話題にもなっていますよね。

闇金で働く人を描いた漫画なのですが、あまりにリアルな闇金やヤクザ、人間のダメさを描いたものとして人気があります。

一般的な生活を送っている人は、そもそも闇金に手を出すなんてことはないと思います。だからこそ、どんな世界なのかを知ることができるのはおもしろいなぁと思って私も読んでいます。

漫画では、「トゴ」と呼ばれる10日で5割という超暴利な金利の闇金会社が舞台です。1万円借りたら、10日後には1万5千円、20日後には2万円を返済しなければいけないというありえない話です。よく「トイチ」という闇金があるなんていいますけどこれは10日で1割の暴利・・それを考えたらトゴがいかに酷い金利かわかりますよね。もちろんトイチも違法ですけど。

裏の世界はほんとうに法律がどうのなんて通用するもんじゃないんだというのがヒシヒシと伝わってきます。また、普通の生活をしている人でもふとしたきっかけで闇金に手をだしてしまうなんてこともありえるというのもわかります。

銀行や消費者金融でお金を貸してもらえない人たち…そういう人たちが藁にもすがり思いで闇金にお金を狩りにきます。貸してもらえない人ってことはもうその時点で返済能力がなかったり仕事がなかったり借金がすごかったりっていうダメな感じなんですけど、そういう人たちがまだお金を借りてなんとかしようってなってるから闇金はなくならないんですよね。

でも、闇金で借りたほとんどの人が酷い目にあったり終焉を迎えてしまったりしています。結局、闇金で借りたお金なんて返済できる力はないし、闇金はどんどん貸そうともしますからね。

ウシジマくんを読むだけでも、絶対に闇金には手をだしちゃいけないなっていう勉強にもなります。普通に物語としてもおもしろいから、ぜひ読んでみてくださいね。おすすめです。

ae923ed438d705d98896a89de95d9c50